豚ちゃん
もともとは収穫物やや家畜の評価会や競売などが中心のお祭りだったそうです→http://www.mnstatefair.org/index.html
牛や豚を、こんなに沢山、間近で見たのは初めてでした。 凄い大きい。
b0008910_104280.jpg

子豚ちゃんは小さくって可愛いの!
b0008910_105779.jpg

[PR]
# by giorni | 2005-09-20 00:51 | 米国便り
お祭り、続き・・・
特設の遊園地、「撮って、撮って~」の陽気なふたりベジピタタサンド南米の木製フルート
b0008910_0253050.jpg
毎年このお祭りでは、屋台で売られるコーンドック(所謂アメリカンドック)で代表されるジャンクフードとビールを食べ歩くのが習慣(?)なのだそうだけど、今回のご一緒していただいた50代後半米国人は「健康の為に揚げ物はけしからん」、っと"クスクス"という小さなパスタや香味野菜などの入ったアフリカンサラダのピタパンのサンドウィッチをミネソタ産のシャルドネワイン(これが意外と美味!!)いただきました。
[PR]
# by giorni | 2005-09-20 00:34 | 米国便り
夏祭り
ミネソタ州で8月24日から9月4日まで行われていた『State Fair』農作物コンテスト
b0008910_28048.jpg
巨大カボチャスイカいろいろ、野菜自慢の陳列(クリックで拡大)
続く…

明日は仕事の前に一票投じなきゃ~
[PR]
# by giorni | 2005-09-11 02:11 | 米国便り
NY7月最後の日曜日
いつの間にか、もう8月!
b0008910_0473289.jpg
7月最後の五番街、午後6時30分。
五番街といっても日曜日は殆どのお店が、6時クローズ。
この時間この通りに出てきたものの、つまらない・・・
かろうじて、7時までやっているドラックストアーに行って、スタバに寄って一休み。

NYって縦のイメージだなぁ~
b0008910_0475884.jpg

NYも好きだけど、スローライフと綺麗な空気、広い空に憧れる人間が住みやすい土地は何処かにあるかなぁ~?
[PR]
# by giorni | 2005-08-04 00:48 | 米国便り
グリーンマンゴサラダ
サンフランシスコのタイレストラン、 『Thai Spaice』にて、軽食。
b0008910_2264525.jpg

好物のソムタム(グリーンパパイヤサラダ)を頼むつもりだったのですが、オススメスぺシャルメニューの『グリーンマンゴサラダ』をオーダー。
マンゴは大好物で、プリプリの香ばしい炙り海老が乗っていたりして美味しかったのですが、このサラダはやっぱりグリーンパパイヤのほうが好みかな。

でも、このお店は、お店の方の感じも良いし店内の装飾もちょっと面白くて、ひとりでも安心して入れるお店のひとつです。 

その後に少しウォーキング、お茶目な標識発見。
b0008910_1147143.jpg

アメリカの西海岸は過ごしやすいです、っと言うより夕方は肌寒いぐらい。 なんでも、「ウチではエアコンは年に4~5回しか使わないよ」(本当かいっ!?)とたまたま話したおじさんが言っていました。


それにしても、眠い。 寝ても寝ても眠いです。
[PR]
# by giorni | 2005-07-29 11:43 | 米国便り
NY7月のの土曜日
ここはスケートリンクとクリスマスツリーで有名なロックフェラーセンター前!
b0008910_1183776.jpg
b0008910_1185465.jpg

テラスなっていて、パーや、レストラン、カフェで、夏のNYをまんきつしている人達で、賑わっていました。

この蒸し暑さのせいか、なんだか、おへそ、っというかお腹を丸出しにしてカプリパンツなどを着こなすのが流行っているようで、お腹をたくさん見てしまいました。 冷えたシャンパンや白ワインが美味しそうです・・・
[PR]
# by giorni | 2005-07-20 01:18 | 米国便り
ミュージックバトン
こんなに静まり返っていた私のブログに企画のバトンを渡して下さり嬉しい限りです☆yoyogi39さん、またの名をmiyaforestさんから頂きました。ご期待にお応えして(?)オペラテイスティーで☆

.Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
基本的にクラシカルでアナログな達でPCよくわかっていません・・・
最近メディアプレイヤー調子が良くなくって、Realplayerやituneに入れてみたり、そのうち整理したいです。(誰か助けて)

2.Song playing right now (今聞いている曲)
『蝶々夫人』
b0008910_2432687.jpg
さっき、行きつけ(?)の新国4階席で初日を観てきたばかりで、余韻に浸っています。日本が舞台で、主役の日本人とアメリカ人で会話はイタリア語・・・、おまけに、なんであんなに情けないろくでもない男に、可愛くて芯の強い蝶々さんと、聡明な奥さんがあんなに思い入れるのか、という矛盾はさておき、堪能させていただきました蝶々さん!
このオペラはわかりやすいですよね〜、予習は必要ありません。

3.The last CD I bought (最後に買ったCD)
『ARIA』 グローバー・ワシントン JR
『belcanto』 マイク・デル・フェッロ
b0008910_2434728.jpg
b0008910_244297.jpg

先週の日曜日に結婚式をしたのですがそのBGMで、どうしてもオペラを取り入れたかったので、ふつ〜にBGMとして受け入れてもらえる可能性の高い、ジャズアプローチで探し出した2枚。 オペラアリアのジャズアレンジモノです。 結局、ほとんどが不採用になってしまったのですが、『belcanto』から『カルメン』の"ハバネラ"をチョコっと、10曲目「Brindisi」(『椿姫』の"乾杯の歌")をシャンパンオープンの時に、かけてもらいました〜☆ ただ、このジャケットにはこの曲、なぜかP・マスカーニの『カヴァレリア・ルスティカーナ』って書いてあります。

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
五曲といわず沢山あるのですが・・・
その日、その時によって変わる、移り気な思い入れだったりします。
特に、今夜は思いっきりオペラな気分なもので、公平な判断が出来そうにありません…

5.Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)
ブログ友達が少なく、奥ゆかしい性分なもので、お許しを〜っ(もう、既に御指名済みのようですし・・・)
[PR]
# by giorni | 2005-06-24 23:26
熱いNY!
意図している訳ではないのですが、色々な節目にNYを訪れる事になっているようです。NYは悲しみやハングリー精神、それから様々な人種のケオスの街でもあるのですが、元気や希望、野望、それからステキの宝庫で、多少なりとも、この街とお知り合いになれた私はラッキーなのかもしれないです。

ついこの間まで、恐ろしく寒かった気がするのですが、もう、ムシムシの真夏日! おまげに急に激しい雷雨が来たりして…。 さて、6月12日のマンハッタンは、プエルトリカンのパレードで物凄い熱気でした。
b0008910_144080.jpg
プエルトリコ…、数年前に、ひとりでふらりと旅した事を思い出し、また行きたくてたまらなくなってしまいました。今なら、あの頃よりもっともっと楽しめるのに、すっかり腰が重くなってしまって…
よぉ~し、もう一度、行ってみるかぁ、カリブ海!!
[PR]
# by giorni | 2005-06-15 01:05 | 米国便り
ラッポギ チョセヨ!?
突然、急遽、韓国は釜山に行く事になり一泊。
なんだかここの所小忙しく、出かける予定はなかったのですが、
「近くにスンデュブチゲ(小さい鍋の豆腐チゲ)が食べれるところが有るので行こー」っと誘われ、女三人かしましく食堂へ行きました。 店内のメニューは全てハングルで目が廻りそうだったのですが、連れのうちのひとりが韓国人だったので注文は全て彼女にお任せ。

バタバタしていたので、デジカメを忘れてしまい画像無しなのですが、テーブルに並んだのは、スンデュヴ3人前、カクテキや赤い塩辛などのおまけの小皿料理5品、そして、トッポギと言う韓国の棒状の白玉のようなモチとキャベツ、おでん(お揚げと厚揚げの中間のようなもの)とインスタントラーメンが、真っ赤なソースに絡めてある「ラッポギ」。赤い唐辛子色で辛いのかと思いきや、なんと、甘いっ!ソウルっ子の彼女曰く、同じ韓国でも、釜山の味付けはソウルよりかなり甘めで、本来はもう少し辛いとのこと。 スンデュブチゲと、キムチ各種、ラッポギと真っ赤な食べ物を涼しげに食べてしまう私は、タイ料理の食べすぎで味覚がおかしいのかと思ったのですが、なんだぁ、甘口だったのですね~

いつもお留守番の夫にお土産は、キムチ2品
b0008910_22315424.jpg

[PR]
# by giorni | 2005-05-23 22:32 | 亜細亜雑記
中国、結構好きです・・・
b0008910_115898.jpg

左上から
ポーク・海老シュウマイ
チャーシューバン
プリプリ海老蒸し餃子
何かの足のような物2
(これは私はパスでした…)
パクチーとピータンのお粥

反日報道が盛んだったのもので、複雑な気持ちだったのですが、4月、5月と数回に渡り中国に滞在・・・

報道だけみていると、日本人だと、理由も無く物を投げられたりするのでは、と錯覚すらしてしまいそうな感じもありましたが、逆に連日のそういった報道に、中国人の知人達は気を遣ってくれ、終日、共に過ごしてくれました。(通訳がいると本当に美味しい中国★)

日頃中国の方達とお会いする機会も多いのですが、『日本人だから』と敵意を丸出しにされた事は、これまでありませんでしたが、それだけに『反日感情』という言葉を目にすると、いろいろな側面からの考えがあって、優しい楽しい中国の知人達の顔を思い出し、ちょっぴり悲しく、そして言葉を失ってしまいます。
[PR]
# by giorni | 2005-05-17 01:02 | 亜細亜雑記