誰が考えたんだろう?
b0008910_21465273.jpg
サイパンダ・・・サイパンの入国審査場から目に入ってくる駄洒落た動物。
でもこの駄洒落、日本語がわかってないと、わからない・・・

アメリカ人のおばあちゃん、遠目で見るやいなや、「わぁ、ミッキーマウスよっ!」と、呟いていた。どう反応してよいのやら、と沈黙をまもっていた、日本人の私達にはお構いなしで、サイパンダの近くに来て、「あらぁ~、違った、ピノキオだったわぁ」と、もう、ひとボケ。何でも、自分の知っているものに転換してしまう彼女、サイパンダのキャラクターセンスより面白かったです。
[PR]
# by giorni | 2005-04-21 21:48 | 米国便り
メトロポリタンオペラ 『トスカ』 
b0008910_0515481.jpg

『トスカ』 (2005年3月25日)

指揮・James Conlon
制作・Franco Zeffirelli
舞台装飾・Franco Zeffirelli
衣装・Peter J.Hall
舞台監督・Sharon Thomas

トスカ・Maria Guleghina
ガヴァラドッシ・Salvatore Licitra
アンジェロッティー・Richard Bernstein
スカルピア・Mark Delavan

人物関係結末はこんな感じ
b0008910_0412341.jpg
そう、みんな死ぬ・・・。それも、訳のわからない理由で(理屈は分かるが)。それなのに、『トスカ』は大人気。 私も大好き☆
オペラを楽しむには、まず、その時代、政治、お国、宗教、ストーリー、流行ったアリアを事前勉強していくのは大前提ですが、この"トスカタイプ"オペラを聴く時に、もっと大切な事は、いざ、本番を鑑賞する際に、常識や、日常生活、うんちくなど全て忘れ、心で聴く、身体で聞く事!でも、"無(ム)"ではなく"性(サガ)"の心地で、気持ちよ~くなってしまう事だと、私は勝手に決めてみました。

「トスカ」の馴染みのアリアを生で聞けるだけでも、感動モノだったのに、とても豪華なキャスティング堪能しました。
トスカ役のマリア・グレギーナ、力強く美しいソプラノで、現在、トスカの第一人者とも云われる大スター!隣のフランス語(だと思う)なまりのひとりできていたおばあちゃんったら、『歌に生き恋に生き』の彼女のアリアの後、涙目で「素晴しい…、素晴しいと思わない~?」っと、私に話しかけてきました。思わず私も「うん、うん!」っと、うるうるしてきてしまいました。
ガヴァラドッシ役のサルヴァトーレ・リチートラの声も素敵でした!!彼は今や世界的に人気のテノール歌手、かつて、メトロポリタン歌劇場で、かのルチアーノ・パヴァロッティの代役でこの役を演じ、パヴァロッティ目当ての観客の大絶賛を受けデビューを果たしたという逸話もある事を後で知って、感激ひとしおです。
[PR]
# by giorni | 2005-04-12 00:56 | 音楽の時間
リスに会える大都会NY
b0008910_23511291.jpg
ユニオンスクエアーのリス。
おとぼけ具合と云い、表情と云い、夫に似ていて笑ってしまいました。

ちなみに、私は、リスと似ても似つきません…

くやし~、今年の桜はずいぶん豪勢だったそうじゃないですか、見逃してしまった~(涙)
[PR]
# by giorni | 2005-04-11 23:55 | 米国便り
NY グランドセントラル駅の 『OYSTER BAR』
b0008910_1121427.jpg
先日NYのグランドセントラルステーションの写真様子を記事にした時、tuscanycafeさんから、コメントにあった駅構内の『オイスターバー』に初挑戦してみました。
グランドステーションは地下がフードコンコースとなっているのですが、ここに足を踏み入れたのは初めて。NYの老舗オイスターバーと云われるこのレストランがあるのもこの地下コンコース内です。

席に案内されると、ウエイターがバスケットに入ったパンと今日の日付が入ったメニューを持ってきてくれます。でもこのメニュー、見れば見るほどオイスターバー初心者の私達は、戸惑ってしまいました・・・
マンハッタンクラムチャウダーがトマトソースベース、ニューイングランドクラムチャウダーがクリームソースベースくらいは判るのですが、何十種類もある生オイスターやグランドステーションオイスタープレートやオイスターロックフェラーとはいったい何が出てくるのやら・・・

結局、クラムチャウダーを頂いた後、ウエイターさんに、オイスター今日はどれがオススメ~?などと聞きながら、生、フライ、焼きをそれぞれオーダー、これまた、シャンパンとよく合うではありませんか~っ!とても美味でした。
他にToday's Catchから魚料理も頼んだのですが、これもなかなかでした。
ちなみに、日本では品川にこの店の支店があるそうです。
[PR]
# by giorni | 2005-03-24 17:00 | 美酒彩食
お腹が空いた・・・
b0008910_084161.jpg
中国語は漢字だから何とかなるわ~と、夕方、軽く食事をしようと店を覗くものの、さっぱし訳がわからない。

以前、香港で魚のスープと思い込んで指差しオーダーしてみたところ、鯰の頭部のようなヌルヌルしたものがはいっている液体を出された記憶が鮮明に蘇ってきて、かなり臆病になってしまいました。結局、スーパーに行って、フルーツとヨーグルトとパンを買って帰りました。(とは言え、朝はしっかりとホテルで飲茶ブッフェをいただいてます★)
[PR]
# by giorni | 2005-03-13 23:58 | 亜細亜雑記
ネイルサロン~♪
広州のPEASE WORLD PLAZAというビルにあるネイルサロンでアロマSPAスパマニキュアとスSPAぺディキュアというのをしてみました。
b0008910_2346312.jpg

キレイな青いタイル張りのフットバスで温まった後、ゴシゴシと丁寧に手足を洗って貰う。その後、クリームやローションでマッサージ、続いて、ラップされて暖めて、再びマッサージ、角質とって、ベースを塗って、マニキュア、ペディキュアをしてもらいました。

キレイキレイ★★★
でも、指先って良く使うし乾燥しているので、数日ともたない…。
すぐに剥れてきてしまいます。
[PR]
# by giorni | 2005-03-13 23:46 | 元気のために・キレイのために
お散歩大~好き!(グランドセントラル駅編)
b0008910_22552671.jpg
せっかくNYにいるのに、この日は時間が無いのと少々疲れていたので、今回は、遠出や冒険はせずに、グランドセントラルステーション内のベーカリーやマーケットを散策することに。
外観は工事の為覆われていたのですが、ライトアップされたロックフェラーセンターが、ちょこんと顔を出していました。
b0008910_22565146.jpg
この駅なかなか面白いのです。


建築物としてもなかなか魅力的なのですが、駅の構内には、本屋、ベーカリーはもちろんの事、バーや、ワイン専門店、オリーブ屋さん、そしてマーケットがあります。

そこでは惣菜、鮮魚、お肉、ナッツ、生鮮果物、野菜等など売っていて、美味しそうなのです。歩き回ってお腹がすいたので、べーグルとスコーン、ハーブサラダなど買って帰りました。
[PR]
# by giorni | 2005-03-03 22:43 | 米国便り
地球がチラッと見せたひとつの表情
b0008910_22202833.jpg

アメリカの田舎町上空にて、とある日の冬景色を撮影。
ちょっぴり物寂しい様子で、つまらない景色なのですが、もっと雪が積もっている日は白銀の世界、春のなったら花や緑で覆われ…っと、今見ているのと同じ景色は二度と見ることが出来ないなんて考えてみたものだから、いとおしくなってサクっと、コラージュ。
[PR]
# by giorni | 2005-03-01 21:43 | 米国便り
『特選』海鮮弁当!
仕事に区切りが付いたとのとで、夕方から急遽、箱根湯元の温泉に行ってきました。
b0008910_15192229.jpg

生まれて初めて乗った箱根ロマンスカーの車内で頂いた『特選!蟹・ウニ・いくらのチラシ寿司弁当』

ロマンスカーはタイプ何種類かあるようでしたが、行きに私達が乗ったのは、ひときわ昭和ロマンでレトロな感じでした。
[PR]
# by giorni | 2005-03-01 15:19 | 美酒彩食
リチャード・ギアの『Shall We Dance?』
b0008910_19573168.jpg
先日、リチャード・ギアとジェニファー・ロペス主演の映画、『Shall We Dance?』観てしまいました。

これは、周防正行が監督・脚本で、役所広司と草刈民代(確か後に監督の奥様)が主演で、巷に社交ダンスブームも巻き起こした(?)『Shall We ダンス?』のリメイクで、アメリカ版とはいえども、ユーモラスなシーン等、なかなか原作を割と忠実に再現しているようでした。

それなのに、何かが違う!
日本で『社交ダンス教室』といえば、一般的に若者にはウケそうもない垢抜けないイメージで、映画が上映された当時のブームも定年後の趣味だったり、主婦がメインで話題になったように記憶しています。と言う私も、「面白いから観よ~」と云う母とテレビで放映していたのを観ただけなので記憶も曖昧で、ただ、竹中直人が強烈的だったのですが、少なくとも、「ダンスなんて高校のプラム以来だ」とか、「ダンスが出来て、モテたい」だとか、「自分の結婚式の時に花嫁をカッコよくエスコートして踊る」だったりは当たり前に無かった(と言うより有り得ない)ので、もちろんその辺のダンスに対する認識・文化の違いはすぐに見当のつくことですよね~。

それより!主役の奥さんっ!日本版は原日出子さんが演じていたらしいのですが、あまりにも奥ゆかしくて、記憶に残っていないのに対して、スーザン・サランドン扮するリチャード・ギアの奥さん役、良妻賢母の文化の相違からか、原作とは比較にならないほど輝いて(目立って)描かれている様な気がしました。 

たまたま今回一緒に観ていた「Shall We ダンス?」を観ていなかった同僚も、ラテンダンスをする事もあって、「面白かった~」っと言ってましたが、役所版を観てから、ギア版を観ると面白さ倍増ですよ~☆ それにしてもジェニファー・ロペスの美しいこと…、 同僚ではありませんが、観ていてラテン踊りたくなりました。
[PR]
# by giorni | 2005-02-25 20:05 | 米国便り